東京SEO対策サポート倶楽部【北九州】

東京SEO対策サポート・北九州SEO倶楽部

東京SEO対策サポート・北九州SEO倶楽部

http://web-plan.awe.jp/

SEO対策としての考え

昔のGoogleと今のGoogleの違いとは

昔のGoogleからのSEO効果は

1:スバリ被リンクでした。

2;サテライト量産からの自作自演での対策

3:外部の専門企業に依頼してでも被リンクを行っていた。

4:日々のサイト更新が評価が上がっていた。

メインの対策がこれでした。

しかし、徐々にGoogleのアリゴリズムの変化過程では・・・・。

1:契約しての被リンクはすでにバレます。

2:「価値の無いサテライトからの」被リンクをしたメインサイトは
   確実に評価を落とします。

3:短時間で一気に被リンクを貼る・かけるはメインサイトへの悪影響
  評価は確実にダウンします。

4:従って、被リンク提供会社は、かなり淘汰・廃業をしてきました。

これからのGoogleのアリゴリズムとしての方向性

1:サイトを制作管理する管理者は、Googleのアリゴリズムを意識しないで
  検索ユーザーへ「価値ある貴重な情報」コンテンツ記事です。

今はこれは一番優先となってきました。

難しくなりますが、

専門記事や特化記事ですね

検索ユーザーが検索して参考になる記事サイトです。

ただし被リンクはまったくダメだという事ではありません。

記事作成依頼会社への記事はWEB上へ、同じ記事コピーが出回るのでクローラは

世界のWEBを巡回してるので、即発見します。

今は現在私が記載してるこの記事は、手作業なので世界に1つしかない記事です。

しかし、以前は内容の無い記事へキーワードを意識して量産記事で投稿を

行ってましたが、今後は記事をかけるのもは優位になります。

のGoogleのアリゴリズムは我々の想像以上に進化してます。

今は知り合いからの被リンクなども、自作自演なども把握してるようです。

理由はGoogle、すでにあなたの関連情報までを把握してるようです。

個人情報などは、ある程度、Gmeil登録などで情報を打ち込みますね

そして、今は個人携帯メールまで送信確認でアカウントの取得がされてます。

Gmailなどはこれに登録した他のアドレスとあなたのgmailの管理画面での関連は

相手はコンピュターなので、想像以上の対策がされてます。

まとめなす。

以前とは異なってページ数ではなく、価値あるコンテンツ記事のあるサイト

更新頻度でなく価値あるコンテンツ記事です。

私が思うにGoogleは昔も今も真面目にコツコツと管理したサイトは

アリゴリズムが変更しても、そう極端な下位へダウンはしてません。

要はアフィリエイターたちが行うような、自動化ソフトなどが使わない事です。

SEO対策には理論的に

1:外部・内部対策

2:キーワード出現頻度

3:更新頻度

4:記事投稿の際のアンカーリンク

5:被リンクなど

いろいろありまが、今はコンテンツSEOへ変化してます。

ジャガー横田 息子反抗期

永井美奈子 有賀さつき

棋王戦

ミニモニ。 限定復活

小倉優子

関連記事

  1. VIVE Pro Eyeなどのデモも披露!2019 VIVE デベロッパー・デーレポート(アスキー)
  2. ストーマって何? 動画が話題
  3. 野生パンダを顔認証識別 中国
  4. レノボ、法人向けを対象に新型ARグラスを発表 主に作業員の使用を想定(アスキー)
  5. スマホでの注文が米国でのスタバの役割を変えた(アスキー)
  6. 機動戦士ガンダムが宇宙(そら)から東京五輪を応援(アスキー)
  7. ルイ・ヴィトンからディスプレー付きバッグ爆誕!(アスキー)
  8. SNS人気「不機嫌ネコ」死ぬ
  9. 結婚式呼ばれず 共感呼ぶ投稿
  10. 日本初フェイスブックの無料カフェ「Facebook Café」限定オープン(アスキー)

Translate »