東京SEO対策サポート倶楽部【北九州】

東京SEO対策サポート・北九州SEO倶楽部

東京SEO対策サポート・北九州SEO倶楽部

★SEOサポーター選びは、会社規模でなく実績です。

SEOを依頼する場合は、依頼先のサイトがどのくらいで表示
してるか??

その実績を確認しましょう!

私の場合は日本での都心である東京都心で・・・
Yhoo検索で検索キーワードは

東京SEOサポート で検索してご確認ください。
1位は大阪SEO対策サポートベストパートナーと
あり、ここは私が一年以上指導した指導先が1位で
表示してます。

あとは
3ページまでには

東京SEO対策サポート倶楽部など・・・で
約80%くらいで私の管理サイトが上位独占表示してます。

SEOサポートの詳細は↓
http://web-plan.awe.jp/

過去にはビッグキーワードでも実績を出しますが、
これはサポート時間や費用も必要なので予算のある方は
サポートできます。

しかし、半年から1年は期間が必要ので、予算があり
ゆったり待てる方をサポートします。
http://web-plan.awe.jp/

無視しがちな検索キーワード選定で稼ぎ方の天地の差!

サイト作成でのコンテンツやキーワードを使用して販売やサービス提供を

行ってるが、結果を期待出来るポイントの大切な入り口はキーワード選定

です。

では、よくあるアフィリエイト塾などのキーワード選定では、あるキーワードを

選定する場合にYahoo検索などで表示するメガネの関連キーワードを

推薦する内容は、販売者(競合者)の眼にするキーワードなので、これはみんなが

行うので、実はこの手法はあまり結果が出ないと知る事です。

本当のお宝キーワードでは、独自で作成できるキーワードになります。

このキーワード決定が、本当のお宝キーワードとなります。

キーワード選定ツールなどの販売数の多いツールでは、全国的に、そのツールから

表示するキーワードは、あなた以外にも利用するキーワードと判断してください。

つまり、ツールを使用しても意味がないという事です。

キーワードは、販売するキーワード+複合キーワードは属性の深いキーワードを

思考訓練を行い独自のキーワードづくりの発想を身に着ける必要があります。

例えばアフィリエイターの実例で本当に稼いでるアフィリエイターは約5%といいます。

この5%の人は95%の人より完全に思考や戦略が長けてる結果です。

このキーワードについては、すべてのサイト管理者はキーワードに時間をかけて

選定を行う必要があります。

以前にもお伝えしましたが、キーワードはインターネット上の「魚のいる場所」

です。

サービスや販売者のサイト側は、検索キーワードについての分類は

1:緊急性・恐怖・安心感などを求めるキーワードは、購入前提者となります。

販売相手は人間です。

心理的な状況を想像してキーワード選択する事になります。

また、季節に検索されるキーワードの強化を行う事です。

トレードキーワードは、すでにご存じだと思いますが、旬=その期間だけを

熟知しておくことです。

ここで気づいて頂きたいのが、期間はかかりますが、4月の旬のキーワード

季節のキーワードは来年も必ず旬のキーワードとなるので、そのキーワードを

使用したサイトは資産サイトになります。

これを意識すれば、季節(旬)のキーワード使用サイト×作成サイト=

資産になります。

これは旬のキーワード戦略とロングランキーワードとなります。

そして旬のキーワードサイトはその時期以外は検索が落ちるので気にしない

事です。

その商品やアフィリリンクは生きていれば、その旬(季節)キーワードは

資産となります。

毎日一所懸命生きていれば、1年は、すぐに経過します。

2年目には、あなたは資産サイトを多く持ってる事になります。

キーワードの検索件数より件数が低くても、あなたの販売サービスや商品の

属性の深さを意識する事です。

キーワードの絞込みのメリットは

1:属性が深まりレスポンスが高まる

2:競合キーワードを避けれる

3:差別化キーワードとなる

しかし、ここでの大切な事は、時代に応じたサービスや商品を提供は基本です。

そしてニーズ性のあるキーワードです。(多少緊急性あり)

欲しいのキーワードは、願望なので、潜在購入者は、まだ比較やクチコミなどの

リサーチ時間をする余裕時間もあります。

検索キーワードは、キーワードに行動アクションを前提のキーワードが良いです。

例えば、美容系であれば、・・・・美顔器購入・美顔器販売・美顔器注文などの

購入前提を意識したキーワード選定でサイトを見せる事です。

よくある話では

検索件数はかなり落ちますが、固有のその商品の商品番号や固有商品名ですね

これはあくまで検索キーワードの質なので、TVコマーシャルなどで検索が

見込める場合は、商品名でいけます。

以上 キーワード選定の重要性を説明しました。

関連記事

  1. 集客力が圧倒的に強い 千葉ジェッツがBリーグのビジネスで最も優秀(アスキー)
  2. ドコモ、d払いにQRコード「読み取り」決済機能を追加(アスキー)
  3. 2020年iPhoneのコンセプト画像登場(アスキー)
  4. 官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」新たに49社選定(アスキー)
  5. 若者に警鐘 諦めずに投票して
  6. FB仮想通貨 早くも詐欺サイト
  7. アパレルブランド「M.deux」(エムドゥ)を東海4県に展開 丸澤屋が民事再生(帝国データバンク)
  8. パナソニック、建築照明器具SmartArchiのラインナップを拡充(アスキー)
  9. SNS連携サービスで家宅捜索?
  10. 中国ハッカー 通信大手攻撃か

Translate »